キャッシング 使い方

MENU

身近な存在、キャッシング

キャッシングという言葉も、今では昔ほど抵抗を感じなくなってきています。誰もが1枚は普通に所持しており、ちょっと困ったときなどに使うことも…。お金を借りるというのはとても怖い行為に思えますが、有名タレントを起用したテレビコマーシャルなどから、そういった「怖い」といったイメージが薄くなってきているのです。

 

男女間での使用頻度をみてみると、昔は男性の利用が圧倒的に多かったのですが、今は女性の数も増えつつあります。身近な存在になってきているだけに、女性でも借りやすくなってきているのです。その背景には、女性を対象としたサービスもあることが挙げられます。レディースローンなど、女性目線でのサービスが充実しているだけに、ますます利用しやすくなってきているのです。

 


限度額までOK…で勘違い

給料日や予定外の出費などに何かと役立つキャッシングではありますが、油断していると失敗やトラブルなども起こしやすいものとなっています。特に多いのが、「借りすぎ」によるトラブルです。

 

キャッシングでの利用でついつい借りすぎてしまう…これは、使い続けることによって金銭感覚が麻痺してしまうのですね。なぜなら、借りたい分だけ出てくるのですから。後から返済しなくてはいけないと知っていても、気軽にお金が出てくるのは、自分をお金持ちと錯覚させてしまう行為でもあるのです。

 

キャッシングでのサービスは、ただ単にお金を貸してくれるといったことだけでなく、即日融資・即日振り込みといった嬉しいサービス付き。急にお金が必要となった時などは、このサービスは本当に助かるものとなります。すぐに対応してくれるうえに、限度額内であれば何度でも借入をすることができます。最初はお金を借りることに罪悪感や後ろめたさがあったとしても、何度か借りることで次第に感じなくなってきます。つまりは、借りることに抵抗感を感じなくなってくるので、「限度額まで借りても大丈夫」と勘違いしやすいのです。これが「借りすぎに」になってしまうのです。

 

「限度額内であれば大丈夫」というのは確かに間違ってはいません。ですが、その「限度額」の支払いができるかどうかは…わかりません。限度額はあくまでもキャッシング会社が「貸せる金額」であって、借りた人が必ず「楽に返済できる金額」ではないのです。そうした勘違いが借りすぎを助長し、次第に返済が難しくなり…ついには借金地獄に陥る事になるのです。自力でどうすることもできなくなると他から借金を借りることになり…これがいつしか多重債権者になってしまうのです。


自己破産先に待っているのは…

キャッシングで借りすぎて多重債権者になってしまった!返済したくてもなかなか難しい…こういった状態になってしまったら、その果てに待っているのは自己破産。自己破産すると、借金はなくなりますが、生活する為に最低限必要な物意外は全て没収されてしまいます。お金になるものは全て現金に換えられてしまい、それを借金に充てていきます。

 

自己破産すると信用情報にその事が記載され、ブラックリストとなります。ですから、一定期間においてお金を借りることができなくなります。クレジットだけでなく、ローンもその対象となります。自己破産は信用を著しく傷つけることなので、企業も「信用できない」として貸してはくれなくなるのです。

 

クレジットもローンも利用することができないとなると、すべてにおいて現金での支払いが求められることとなります。普通に必要最低限の品だけで暮らしている人であれば、特にお金を借りなくても十分に生活をすることができます。ですが、自己破産する人というのはお金の管理能力が低い人が多く、お金を借りられないことに異常に不安を感じやすくなっていることもあるのです。これまで自由に借りてきただけに、金銭感覚がおかしくなってしまっている部分もあるのです。


キャッシングは計画的に

自己破産は、社会の信用を著しく落とす行為です。この事は会社や友人に知られることはありませんが、それまでの生活をガラリと変えるものとなるでしょう。キャッシングの使い方を間違える事で、抱えることもなかったはずのトラブルを抱えることになります。気軽に利用できるサービスであるだけに、自分でどこかでセーブしなければいけないのです。メリットがあるものには必ずデメリットもありますので、両方を理解してから利用するとこうしたトラブルも避けることができます。

 

キャッシングについてはテレビコマーシャルなどでも良く目にするだけに、イメージも緩和されてきています。ですが、ほとんどが「ご利用は計画的に」と警告をチラリとだしています。この言葉が示すとおり、きちんと考えてお金を借りなければ、大変なトラブルがまっているということなのです。

 

お金を借りる事は決して悪い事ではありません。ですが、計画的に…必要な金額のお金を借りるにしても、どうやって返済していくのか…その具体的な返済スケジュールが頭の中にないといけません。要は、確実に返済できる分だけを借り、返済期日までにしっかりと返済。それができてから、また必要なときに利用する…こうした姿勢を肝に銘じておけば、キャッシングによるトラブルにも合わずにすむのです。

 

 

10万円借りる時のおすすめカードローンはアイフルです


更新履歴